操体の講習のご案内

 

8080社会法人LOG0

当社団法人の母体となっている
操体法東京研究会は、1979年の設立になります。
約40年にわたり、およそ1600名の受講生が、
操体を学びました。

操体法創始者、橋本敬三医師を顧問とし、
操体の臨床家育成を推進しております。

操体臨床家への登竜門です

人体構造運動力学研究所

 指導 三浦寛 

 

足趾の操法集中講座  指導 畠山裕美、三浦寛
毎月第一、第三日曜午前
個人レッスンと併用も可能
全15講習 30万円(定例講習受講生割引あり)

上記講習は、終了後条件を満たせば
一般社団法人日本操体指導者協会認定の
資格が授与されます。

視診触診講座 指導 畠山裕美
毎月第三日曜午前
 

TEI-ZAN操体医科学研究所

講習案内 リンクです

操体ベーシック講習 + 操体施術
足趾の操法集中講座
個人レッスン